選択が大事

2007-06-29

お客様から衣類をお預かりした際、「どういうケアをすれば良いのか」を回らない頭でシュミレーションします。

衣類に付いている取扱い絵表示を参考にしながら、どんな洗浄方法であれば安全にお客様にお返し出来るのかを考えます。

ドライクリーニングが可能であれば、「基本洗浄」で洗うとどうなるのか。
型崩れや余分なシワが出来ないか、生地や染色へのダメージはないか・・・とか。
「基本洗浄」が適切ではないと判断した時は「デリケート洗い」を考えますが、その際でも「少点数」で洗うのか「単品」で洗うのか・・・その方法で衣類を投入した場合どうなるのかをイメージしながら考えます。

また、ドライクリーニング可能な衣類でも、溶剤で色が出るような製品や製品自体に疑わしい部分がある場合など「ドライクリーニングは無理!」と判断した場合はドライ処理を避けて単品水洗いをします。
(この部分は自己責任の範囲にもなってくるので、慎重に判断します。)

水洗いでも同様で、洗濯機に入れるのか手洗いするのか。
温度や脱水時間なども考慮しながら洗い上がりをイメージして判断しています。

乾燥工程でも、タンブラー乾燥(機械)で処理するのか自然乾燥(陰干し)するのか・・・。

とにかく自分の知りうる限りの知識と経験の中から適切な方法を判断するように心掛けています。

判断ミスでクリーニング事故を起こしたくはないですからね。


でも、時たま「判断に困る衣類」をお預かりする事があります。

ちょっと長くなってしまうので、この続きは次回という事で。
スポンサーサイト


g3793.png
当店のもう一つのブログです。

この季節はご注意を

2007-06-28

今週末も、お天気はすぐれないようです。
先週も週末は雨でしたし・・・。
まぁ、雨の季節なので仕方ないですけど。

ジトジト・・・ジメジメ・・・不快指数が上がりますが、
衣類にとっても嫌な時期ではないでしょうか。

繊維(特に天然繊維)は生きていますから、僕達が不快に思う事はきっと繊維にとっても嫌なものなんでしょう。
そう考えてみると取り扱い方も見えてくるうように思います。

カビや虫食いなどの影響を受けやすい時期でもあります。
カビも虫も湿気が大好きみたいですから。

着用後、しまい込んで忘れている衣類はありませんか?
フォーマルスーツなど、使用頻度があまり無い衣類は要注意です。
「1度しか着ていないから」と、そのままにしているとカビや虫食いに遭いやすいですよ。
動きのない衣類は余計に被害に遭いやすいと思います。

この時期だからこそ、一度クローゼットの中を確かめてみてはどうでしょう?
クリーニングした衣類としていない衣類が同じ場所に収納されていませんか?
クリーニングカバー(ポリ包装紙)をかけたままにしていませんか?

そして、一度でも着用した衣類は必ずクリーニング(洗濯)してから収納してくださいね。
後々のリスクを考えると・・・最善の策です。

g3793.png
当店のもう一つのブログです。

洗い場

2007-06-18

当店の洗い場です。
20070617223927.jpg


手前にドライ機と乾燥機、左奥に水洗機でそのまた奥に人体型プレス機とシミ抜き台があります。

ドライ機は山本製作所の16Kです。
20070617223857.jpg


水洗機も山本製作所の13Kです。
20070617223913.jpg
上に乗っかっているのは前処理などに使う薬剤類で小分けしています。
(右にあるのは手を洗う石けんですけど・・・。)

乾燥機は以前記事にも書いた三洋製の回収乾燥機です。
2007_0211_145841AA.jpg
すんごい働き者です。(なぜか画像が小さい)
詳しくはこちら

また、追々詳しく書かせていただこうと思っています。

g3793.png
当店のもう一つのブログです。

集配サービス

2007-06-14

当店では集配サービスを行っています。

松原市全域はもちろん、大阪市南部・堺市北部・藤井寺市羽曳野市など周辺地域への集配も承っています。

夜間集配(午後8時以降)も行っていますので、お気軽にご利用ください。


ただ・・・ご連絡を受けてすぐに伺うという事は出来ない場合があります。
(何分個人店なものでして・・・申し訳ありません。)

余裕を持って依頼していただけると有難いです。


遠方の方もお気軽にご相談ください。

よろしくお願いします。

g3793.png
当店のもう一つのブログです。

はじめまして

2007-02-01

初めまして。

ようやくブログというものを始めようと思いました。
情報発信のツールとして、今や当たり前ですもんね。
焦らず気取らず、自分なりの考えや思いを自分の言葉で綴っていければと思います。

さてさて、1番最初の記事は何にしましょうか・・・。
う~ん・・・と・・・やはりシンプルに「なぜクリーニングが必要か?」かな。

聞くところによると「クリーニングに出せば新品に戻る」と思っていらっしゃる方も少なくないとか。
残念ながら、クリーニングをしたからといって購入時の状態に戻せる訳ではありません。
場合によってはクリーニングをする事によって購入時の風合い(ハリやコシなど)が変わる場合もあります。

では、なぜ「クリーニングしないといけないのか」というと・・・
衣類は一旦着用すると大気中の粉塵やスス・紫外線・排気ガスなどの影響を受けます。
また、着用による摩擦や伸び、そして皮脂汚れや食べこぼしなどの汚れ・シミ・・・。
それらが時間が経つと共に繊維染色にダメージを与え、型崩れも起こします。
防ぐ為には汚れを落としシルエットを復元する・・・「クリーニングする事が大切」になります。

僕達の仕事はダメージを受け、型崩れしようとする衣類を食い止め、
そして残念ながらトラブルを起こしてしまった衣類は修正し、
出来る限り購入時の状態に近づける努力をする仕事です。

ただ、クリーニングには多少なりともリスク(色落ちや収縮など)が伴います。
そのリスクを最小限にする為には、僕達が安全なクリーニング方法を選択する事も大切なのですが、
皆様のご協力(早めにクリーニングしていただく事やリスクへのご理解)も必要です。
これから少しづつお伝えしていければと思っています。

まだまだ未熟モノですが、皆様のご要望にお応え出来るように頑張りますので、
これからも、どうぞよろしくお願い致します。

g3793.png
当店のもう一つのブログです。

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック