FC2ブログ

フライトジャケットクリーニング(N-3B)

2010-08-18

Tag :

フライトジャケットN-3Bのクリーニングの依頼を受けました。

「ステンシルを剥がさないように」と「コヨーテファーの臭いをどうにかして欲しい」というご要望と共に。

1度の処理ではなかなかご要望にお応え出来るレベルの仕上がりにはなりませんので・・・。
幾度かの処理をさせて頂いて、やっと何とかお渡し出来るように仕上げさせて頂きました。

DCF_1151_20100818231309.jpg
こちらはすでに洗い上がり後の画像です。
ステンシルも剥がれていませんし、コヨーテファーもフンワリと風合いが良くなっています。
もちろん、全体的な汚れは落ちてスッキリとしていますよ。

お客様にも気に入って頂けたので何よりです。
頑張った甲斐がありました。


お手持ちのフライトジャケットのお手入れでお困りの方はいらっしゃいませんか?
ご質問はもちろん、お見積りも無料ですのでお気軽にお問い合わせくださいね。

g3793.png
当店のもう一つのブログです。

インコテックスウールパンツについた油ジミ

2010-06-18

Tag :

「シミが付いたので取ろうと思ったら広がってしまって・・・」とお客様。
DCF_1140_20100618003307.jpg
水をしみ込ませたハンカチなどで取ろうとされたのでしょうか。

インコテックスのウールパンツです。
DCF_1141.jpg

外出先でシミを付けてしまうと、やっぱり取ろうとしてしまいますもんね。
でも、もし外出先でシミを付けたとしても絶対に『その場で取ろう』とは思わないで下さい。

固形物が付いている場合は優しく取り除く。
水分を含んだ状態であれば、その部分にハンカチなどを押し当てて水分だけを取り除いて下さい。
決して『シミを取ろう!』とは思わないように。
後は信頼のおけるクリーニング店にお任せ下さい。

今回のケースは油ジミのようです。
なのでドライクリーニングの通常洗浄で簡単に除去出来ました。
DCF_1152.jpg
油ジミなので水を加えると広がってしまいますね。

後はキチンとアイロンプレスをして完成です。
DCF_1151.jpg

今回はお急ぎでしたのでドライクリーニング処理のみでしたが、Wクリーニング(ドライと水洗いの2度洗い)も当然出来ますよ。
汗をかくこれからの季節は、やっぱりWクリーニング(ドライと水洗いの2度洗い)でスッキリしましょう!

品質の良いウール素材の水洗いは技術力の確かなクリーニング店へ。
メディアの情報に流されず、慎重に選びましょうね。

g3793.png
当店のもう一つのブログです。

上海灘(シャンハイ・タン)

2010-06-17

Tag :

梅雨なんですね。

昼過ぎくらいから不快な湿度が体にまとわり付いて来ました。
暑いだけならまだしも、湿気も加わると・・・タマリマセン。
仕方ない事ですが。


ネットで検索して当店へご来店していただいたお客様。
5年ほどのお付き合いになります。

ご依頼頂くのはこちらのブランド。
DCF_1137.jpg
上海灘(シャンハイ・タン)

今、ネットで検索してみたら・・・東京のお店が無くなっているようで。
銀座に一店舗だけあって、2~3年前に立ち寄ったんですけど。
なかなか趣のあるお店で、店員の方の対応も親切で心地良かったです。

DCF_1140.jpg

初めてお預かりするブランドのクリーニングとなると、やはり神経質になります。
その素材の特性や染色の状態などを見極めるとなると特に。
でも、慎重に安全に処理をさせて頂きますので大丈夫ですよ。

デリケート衣類に対して負担を与える処理は避け、適切なクリーニングを心がけています。
どんなブランドのお洋服でも、安心してご依頼下さいね。


g3793.png
当店のもう一つのブログです。

裏地への色移り-アンゴラ・ウールコートの水洗い(ウエットクリーニング)

2010-06-12

Tag :

アンゴラ・ウールのコートをお預かりしました。

拝見すると、裏地のワキ部分に色移りが・・・。
DCF_1127.jpg
裏地ですし、お客様が気にされないのであれば”しみ抜き”処理も必要ないかと思いつつ。

お伺いしてみると「スゴク気になっているので、出来れば除去して欲しい」との事でした。
他のクリーニング店では落ちずに戻って来たらしくて。
「あきらめていたけど、落ちるのであれば落として欲しい」と。
そういう事であれば、何とか頑張ってみましょー!

DCF_1133.jpg
何とかかんとか落とす事が出来ました。
ワキという部分的な事やクリーニングをすでにされていた事などがあり、落ちにくくなっていたようです。
でも、時間を掛けてキチンと丁寧に処理をすれば大丈夫です。

後は全体を水洗い(ウエットクリーニング)処理をし、仕上げて完成。
アンゴラといえども、毛羽も短く揃えられた生地を使用されています。
ですので、水洗い後の生地をしっかりと手アイロンで整えてブラッシング処理で毛並みを揃えます。
白さも風合いも蘇り、心地良い質感も復活しますよ。
DCF_1135.jpg
淡色系のお色のアンゴラやカシミヤコートは水洗いするとスッキリします。

裏地のワキの色移りや、淡色系のコートの色のくすみ・黄ばみでお困りの方は一度ご相談下さい。
丁寧に、的確にしみ抜き・クリーニングをさせて頂きます。


いよいよ南アフリカW杯が開幕。

14日が楽しみです。
でも・・・起きていられるか・・・それが問題です。

g3793.png
当店のもう一つのブログです。

ダウンジャケットのクリーニングは忘れずに-ダウンジャケットクリーニング(モンクレール(MONCLER))

2010-06-04

Tag :

ダウンジャケットのお手入れは大丈夫でしょうか?

来シーズンも心地良く着て頂く為にも、シーズン終わりにはクリーニングをして下さいね。
(ご家庭でのお洗濯では十分なお手入れが出来ませんよ)

クリーニングすると汚れや臭いも取れてスッキリしますし、ボリュームも戻ります。
しかし、丁寧な処理をされる所でないと汚れが落ちないばかりか風合いも戻りません。
ですので、クリーニング店選びは大切です。


画像は先日お預かりしたモンクレール(MONCLER)ダウンジャケットです。
(お手入れの内容や取り扱い・安全性などは他店とは違いますよ!)
お預かりさせて頂いた当初は結構汚れていまして、お手入れも簡単ではありませんでした。
でも手間をかけた分、洗い上がりは凄くスッキリしました。
なので、写真をパチリと。
DCF_1130.jpg
洗浄前の画像は・・・やっぱり撮り忘れているんです。

当店では可能な製品であれば全てWクリーニング(ドライクリーンングと水洗いの2度洗い)をしていますので、汚れもスッキリと落ちてボリュームもフンワリと復元し心地良いです。

DCF_1129.jpg
こちらは去年に引き続きご依頼して頂きました毛皮使いのモンクレールダウンジャケット。
(ボタンはお客様からの申し出もあり了解済みです)
毛皮を使っているアイテムもクリーニング出来ますよ。

ダウンジャケットはクリーニングして来シーズンに備えて下さいね。


過去のモンクレールの記事はこちら。

ダウンジャケットクリーニング-モンクレールダウンベスト
モンクレール(MONCLER)のタグから
ダウンアイテムのお手入れをお忘れなく!(モンクレールダウンジャケットクリーニング)
ダウンジャケットクリーニング-モンクレール(MONCLER)

g3793.png
当店のもう一つのブログです。

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック