FC2ブログ

ウールスーツの水洗いについて

2007-04-30

Tag :

デリケート洗いについて書かせていただいたので、ついでに当店の水洗いについても書かせていただきます。

当店の水洗い(ウエット)は基本的には無料です。
ただし、ウールジャケットなどのリスクのある水洗いの場合は別料金とさせていただいています。
(形態変化(収縮や風合い変化など)が起こりやすいのでより丁寧な作業が必要となる点と、仕上げに手間が掛かる点が別料金の要因です。)

料金はプレス方法によって「機械仕上げ(部分手仕上げ)」と「完全手仕上げ」で違ってきます。

「クリーニング工程」
① 素材・シルエットに適したドライクリーニングを行います。
        ↓
② 乾燥後、独自配合した洗浄液で安全にウエットクリーニングを手洗いで行います。
        ↓
③ 自然乾燥後、機械仕上げは人体型スチーム仕上げ機で、完全手仕上げはハンドアイロンで立体的に整形します。
        ↓
④ 検品・包装してお渡しとなります。

クリーニング前に採寸を測り、水洗い後プレス工程で修正を行います。
ただし、水洗いをすると多少なりとも風合い変化や収縮を起こす事もあります。
水洗いに対するリスクを承諾していただいた上での処理とさせていただきますので、
ご理解していただけるようよろしくお願い致します。


水洗い後のウールスーツの仕上がり画像はこちら 水洗いスーツ画像

スーツ水洗いをご依頼される前に、ぜひ一度読んでおいてください。 水洗いのリスク
スポンサーサイト





g3793.png
当店のもう一つのブログです。

この時期はヘトヘト

2007-04-30

Tag :

気付けばもう4月も終わりです。
今年も例年と変わりなく、慌しく忙しく過ぎて行きました。
この仕事をしていると仕方ない事なんですけどね。

それまでの閑散期から一転(ホント真逆!)してMAXのとんでもない状態。
休み無しで仕事に明け暮れる日々で毎日ヘトヘトです。
暇な時期と極端に違いすぎる・・・。

でも、忙しいからと言って仕事で手を抜く事は出来ません。
(当たり前ですね・・・。)
特に当店のような個人店ではキチンとした仕事を求められていると思いますので、
Wクリーニングからしみ抜き・仕上げまで、いつもと同じ品質で納品させていただいています。

ただ、この仕事は・・・精神的にかなり疲れてしまいます。
(この時期は特に。)
仕上げはまだ良いのですが、洗い工程ではかなり神経を使います。
取扱い絵表示(401こんなのや103301こんな絵が書いてあるタグでアパレルメーカーが試験を元に表示しています・・・一応。)を参考に素材やデザイン・染色などを確かめて洗浄方法を考えるのですが、その絵表示にも疑わしいモノがあります。

信頼できるアパレルメーカーさんばかりではないので・・・。
表示通りに洗えば色が出たり、型崩れしたりと様々なトラブルを招く可能性がある衣類もあるので、それを見極め対応しないといけません。
その為にはクリーニング処理前に事前テストをしたり、より安全なクリーニング方法を選択する必要があります。
もし選択ミスでトラブルを招いてしまうと、やはり当店にも責任が生じます。

こんな事を考えているので、無事洗い終わるとホッとするのと同時にヘトヘトになっています。
でも、お預かりした衣類の汚れやシミが落ちてキレイになれば満足感というか充実感があります。

とりあえず、この連休で一息つけそうです。
(ホッとしていてはダメなのかも知れませんが・・・。)

g3793.png
当店のもう一つのブログです。

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック