FC2ブログ

梅田ブラブラ パート2

2007-11-26

Tag :

昨日の続きです。

そのお店は、さほど大きなお店ではありませんが・・・。
雰囲気は・・・それはなんだか重厚な雰囲気です。
今まで入った事のないような・・・。
(1度は通り過ぎてしまいましたから。)

で、意を決してお店に入ると感じの良い店員さんが応対してくださりました。

ハンドメイドシャツの特徴は、やはりフィット感だと。
袖付け(アームホール)の部分が手縫いの為、しっかりと縫いこめないのでその分ゆとりが生まれ着心地の良さにつながるという事。
(微妙な感覚が着心地につながってきます。)

ヨーロッパ(特にイタリア)のモノ作りは、良い物を作りますがかなりアバウトな面も持ち合わせているようです。
(噂には聞いていましたが、実際にそうみたいです。)
ネックサイズが40のところ、実際は38だったり・・・。
レギュラーカラーがボタンダウンになっていたり・・・。
買う側の僕達は「イタリアの国民性が垣間見れて楽しいなぁ」なんて思いますが、
実際に商品を仕入れる側になると・・・かなりストレスが溜まりますね。

縫い糸が二重になっていたり、歪んでいたりっていう縫製でのアバウトさは仕事柄実際に見て感じていましたが・・・。

そうこうしているうちに、ドレスシャツを試着させて頂いて。
僕は小柄でネックサイズも細いので、1番小さなサイズでもジャストとはいかなかくて。
店員さん曰く「肩周りが少し大きい」そうです。
1度洗って、プレス時にアイロンで緩和収縮を伸ばさず入れ込んでいくようにすればなんとかなるかな~なんて思っていますが。
(クリーニング屋らしい「ピシッ!」とした仕上がりにはならないですけど。)

ふと隣を見ると、年配の紳士がスーツの試着をされています。

細身のスーツがカッコイイ。

その方が「パンツのこの部分がちょっと膨らんでいないか?」など、事細かに店員さんに尋ねられています。
その度に丁寧に応対されていました。
それを見ながら、僕ももう一度「品質」というものを見直さないといけないなって感じたり。

また質感の良いウールジャケットがあったので、
「このウール生地特有のぬめり感・しっとり感はどうすれば出るのか」
と尋ねてみました。
すると「通常は生産性を上げる為に機械で短時間に毛織物の洗浄(余分な機械油や不純物を取り除く)するが、高級毛織物生地は時間を掛けて丁寧な手洗いをする事で油脂を残すようにしている」とか。
(2年ほどの歳月が掛るようです・・・そりゃ値段は張りますね。)

色んな事を感じさせる時間でした。

あの質感の良いサキソニーのスーツに袖を通せるようにガンバロー。
スポンサーサイト





g3793.png
当店のもう一つのブログです。

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック