FC2ブログ

ロード トゥ 配管修理

2008-03-12

万能プレス機で仕上げをしていると、どこからか嫌~な音がして来ます。

「プッシュ―、シュシュシュッ・・・」って感じで。

で、何やろ?と思い調べてみるとドレンを排出する配管(エルボ)から水が漏れています。
腐食して穴が開いてしまったようで。
その穴を手で触って確かめてみると、ほんの僅かな小さな穴のようです。

「修理を依頼するのもな~」って思い、知人に尋ねてみると「ネジで止めておけば良い」と聞き早速小さなネジを買って来てその穴にねじ込もうとすると・・・ねじ込まずとも「あら?あらら~」って感じで簡単に押し込むだけで簡単に入ります。
穴の周辺も腐食が進んでいた様で、結局5mm程度の穴になってしまいました。

何とかならないものかとホームセンターで物色していると「金属パテ」というものを発見!
熱にも強いようですし、これを貼り付けてみましょう。

とりあえず貼り付けて見ましたが・・・1日経過後蒸気を通すとチョロチョロとドレンが漏れて来ます。
「やっぱりアカンか~」と落胆。

「こうなれば自分で配管工事をするしかない!」

と一大決心をして、とりあえず地元にあるホームセンターでエルボを購入。
道具も一応は揃っているので、とにかくやってみる事に。

いざ配管を取り外すとなると・・・どこをどうすればいいのやらと・・・。
あれやこれやとやっているうちに、「あそこから外せば」っていうおおよその見当はついて来ました。
(本当に合っているのかは定かではありませんが・・・。)
それよりも心配なのは錆び付いている配管もある事です。
容易には外す事が出来ないので力任せにいくと「エライ事になりはせんか」と心配です。
小さな修理箇所を修理しようとして逆にとてつもなく大きなトラブルに発展させた事も過去に何度も経験していますので。
今回もその事が脳裏をよぎります。

エライ事になる前に、もう一度見直してみようという事で「金属パテ」を剥がしてみました。
ドライバーと金づちで簡単に剥がれ落ちます。
しっかりとくっ付いていなかったようですね。

考えてみると、下地処理をしないまま貼り付けていたので本来の性能が発揮できなかったのも無理はありません。
錆やら汚れやらが付着したままじゃ上手く付着しませんし水漏れにも繋がります。
じゃまくさがりの性格が災いしたのでしょうけど・・・。

今回はしっかりと耐水サンドペーパー800番で磨き、ツルツルにしてから再度金属パテを貼り付けました。

今現在、ドレンの漏れはなんとか止まっています。
いつまで持つかは分かりませんが・・・それまでに配管工事の方法を勉強しなくては。

でも、やっぱり何事にも「下処理」が重要って事ですね。
(金属パテは自己の責任に於いて使用しています。)
スポンサーサイト





g3793.png
当店のもう一つのブログです。

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック