FC2ブログ

他の方法があるのなら

2010-02-04

Tag :

去年あたりから”鋲”の付いたデザインのお洋服をちょくちょくお預かりします。

織物生地に付けられていたり、ニット生地に付けられていたり・・・。

織物生地であれば、ある程度シッカリと留められているんですけど。
ニット生地となると、やっぱりゆるいので着用時や着脱時などの影響でも取れてしまう事もあったり。

ましてや編組織がゆるくて、ふんわりとした表情のニット製品だと特に危ないような気がします。

そんな場合であれば、たとえ取り扱い絵表示が「ドライ○・水洗い×」と記されていたとしても”ドライクリーニング”は避けたいですね。
いくら”ドライクリーニング”がデリケート素材に対しても安全な洗浄方法だとしても、やはり浴槽内での揉み・タタキ作用という機械力は生地への負担になりますから。

水洗いが可能だと判断出来る場合は、”手洗いによる水洗い(ウエットクリーニング)”のみの洗浄方法が時には安全な方法になると思います。
ご家庭でのお洗濯とは違い”油溶性汚れ”をしっかりと落として”水溶性汚れ”も優しく洗い、適切なアイロン仕上げで型崩れも元通りにします。

取り扱い絵表示を無視する事も時には必要です。
その為にはお客様への”事前説明”は欠かせません。
後、絶対に失敗も許されませんしね。

取り扱い絵表示通りに処理すれば不具合が生じると想像出来て、尚且つその他に安全な方法が見出せるとするならば取り扱い絵表示は無視する事だってあります。
アパレル業者さんとお仕事しているのではなく、一般消費者の方の大切な衣類をお預かりしているのですから。

「どうすれば安全にキレイにしてお返し出来るか」

そんな事を考えながら日々仕事をしています。

DCF_1004.jpg
(画像は普通にWクリーニング(ドライとウエットクリーニングの2度洗い)をさせて頂いたものです)



気付いたら「不毛地帯」が終わってた・・・もう何週見てないやら。
スポンサーサイト


g3793.png
当店のもう一つのブログです。

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック