FC2ブログ

クリーニング方法の選択

2007-10-05

Tag :

クリーニングにはトラブルが付き物です。
僕自身、いつもそう思って仕事をしています。

でも、そのトラブルはクリーニング業者が「トラブルを起こさない」という意識を持って処理すれば防げる事も多いはずです。

例えば、Yシャツだからと言って、すべてランドリークリーニング(水洗い最強の洗浄方法)をしなくてはいけないっていう訳ではないですし。
衿・カフスの仕上げには機械でプレスをしないといけないっていう事もありません。

ランドリーに耐えられない製品であると見越したのなら、他の洗浄・仕上げ方法を考える事も必要になります。

他の衣類だってそうです。
洗い方は1つではなく、他にもあるはずですから。

万が一のトラブルの時に、お客様に対して「最適な洗浄方法で処理させていただいた結果です」と自信を持って言えるように。

また、その後のアパレル側との対応の際にも「ここまで安全に洗浄しているのに何故トラブルが起きるのか」と毅然とした態度でいられるように。

とにかく1点1点素材や染色・風合い・ブランドなどを確かめながら、より安全な方法で洗浄するようにしています。
(こんな事が出来るのは小さな個人店だけでしょうね。)

これから衣替えで忙しくなります(なってくれないと困る・・・)が、変わらない気持ちで頑張ろー。
スポンサーサイト


g3793.png
当店のもう一つのブログです。

コメントの投稿

非公開コメント

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック