FC2ブログ

シャツの衿

2007-10-18

Tag :

Yシャツネタが続きます。

シャツの芯地には2種類あるそうです
1つは全体を接着させる「トップヒューズ芯」。
もう1つは生地と芯地を接着させない「フラシ芯」。
(仮接着させてから水洗い後に糊が剥がれる芯地と、ソフトな風合いを出す綿素材の高級芯地(高級ドレスシャツに使われる)など色々とあるみたいです。)

今回はフラシ芯のケースなんですが・・・。

綿ブロード素材のようなハリのある生地を使用したシャツであれば、衿はこんな感じでゆとりを持たせて縫製されています。
2007_1015_185042AA.jpg
分かりにくいですけど、赤丸の部分に生地のゆとりが生まれています。

衿の後ろ部分は直角に折れ曲がるのでその分の生地のゆとり必要となる訳です。
(前部分にいくにしたがってゆとり量も少なくなっていきます。)

衿を折った状態です。
2007_1015_185828AA.jpg
キチンと仕上げれば衿のブクツキもなく仕上げる事が出来ます。
(芯地の品質が悪かったり、過酷な洗浄方法を用いると芯地の収縮など型崩れを起こしてしまうと修正は困難になっちゃいますよ。)

こういった衿をそのまま機械プレスしてしまうと、ゆとり部分がシワになってしまいます。
また、強制的に引っ張りを加えて機械プレスしてしまうと本来の衿の形が出なかったり・・・。

お仕立てされたドレスシャツや、ソフトな風合いのドレスシャツは機械仕上げをせずに「完全手仕上げ(衿・カフスも手仕上げ)」で依頼される事をオススメします。
手間がかかる分「金額はかかります」が、一度お試しください。
スポンサーサイト





g3793.png
当店のもう一つのブログです。

コメントの投稿

非公開コメント

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック