FC2ブログ

ドレスシャツのお手入れ 続編②

2008-05-26

Tag :

昨日の続きです。

ヨーロッパなどで作られる高級ドレスシャツ生地は、すごく細く品質の良い綿繊維を用いて双糸(単糸(短繊維を同じ方向に撚った1本の糸)を2本合わせて撚ったもの)にし織られたものという事です。

すごく細い上質な繊維の為に単糸ではきっと強度不足なので双糸にして強度を増している。
双糸にしても強く撚りをかけ細い糸にしている為、その糸を使って密に織り上げられた生地は光沢があり、尚且つハリ・コシもある着心地の良いシャツ生地になるんでしょう。
糊なしでハリ・コシが出るのも当然といえば当然のような気がします。
それに付随して立体的に計算・縫製されたシルエットとなると・・・一度袖を通せば病み付きになります。

ただ、非常に細い上質の繊維を用いた生地の為に必要以上の「強い機械力」や「高温洗浄」「強いアルカリ剤や強い酸化剤(漂白剤)」などが複合的に影響しあって生地が損傷を受け風合いを損なうのではないかと。
(そのお店の洗浄方法や品質に対する意識の持ち方によって変わってくるとは思いますが・・・)

生地が痛み毛羽立ちを発生させてしまうと・・・元の風合い(ハリ・コシ)はなくなり艶も消え失せています。
こうなってしまうと、やっぱり悲しいですよね。

ですから当店では高級ドレスシャツの場合、通常のYシャツクリーニングではお受け出来ません。

当店のYシャツクリーニングは必要以上に素材に負担をかけないようにしていますが・・・それでもやはり風合い劣化のリスクがある以上オススメする事は出来ません。
(ボタンなどの付属品の破損や型崩れという危険も避けられませんし)

ただ洗浄方法は変えられませんが、仕上げ方法は「立体的」と「平面での処理」との2段階の料金設定をさせていただいています。
(立体的にデザインされたドレスシャツは、平面で仕上げる場合も結構大変ですけど・・・やっぱりクリーニング師としては出来る限りシワの無いキレイな状態で仕上げたいですからね。)

ちなみに当店では通常のYシャツ(綿・ポリエステルの混紡品)の場合は衿・カフスのみ機械プレスし袖身頃はすべて手仕上げ。
綿・麻素材のYシャツ(ドレスシャツ)は衿・カフスも含め全て手アイロンによる手仕上げを行っています。
全て手アイロンですので、簡略化をしてもどうしても手間がかかってしまうんです。

生地に負担をかけずに洗えば、仕上げは一般的な綿素材と比べても仕上げやすいと思います。
その代わり立体的なシルエットですので、その復元に手間取りますけどね。

ですので、デリケートなYシャツ(ドレスシャツ)の場合は別工程の処理をオススメさせていただいています。

クリーニング業者という立場以前に衣類を大切にする(したい)と思う人間として、その衣類にダメージを与えるような取扱いはしたくありませんから・・・。
(僕自身も一消費者です)
スポンサーサイト





g3793.png
当店のもう一つのブログです。

コメントの投稿

非公開コメント

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック