FC2ブログ

水洗い(ウエットクリーニング)のススメ

2008-08-24

Tag :

お盆を過ぎてから、随分と涼しくなって過ごしやすくなりました。
(というか、ちょっと涼しくなりすぎのような気も・・・)


とは言え、まだ8月。
暑さはまた戻るでしょうし、汗の影響を受けやすい季節には変わりありません。

汗のかく季節、着用する衣類はやっぱり水洗い(ウエットクリーニング)をする事が必須条件になりますね。

当店でも、もちろん水洗い出来るアイテムは全て最終工程で水洗い(ウエットクリーニング)をしています。
(当店は「Wクリーニング(ドライクリーニングと水洗いの2度洗い)」を基本洗浄としています)


でも、どこのクリーニング店でも水洗い(ウエットクリーニング)をしているかというと・・・そうでもないようですね。

取扱い絵表示で「水洗い×」となっているアイテムの場合は、その表示通りに水洗いしないとか。
また、「ドライ○ 水洗い○」のように両方出来る場合でも、ドライクリーニング処理だけしかしないとか。

この汗のかく季節であれば水洗いしない事によるリスクの方が大きいと思います・・・なのに水洗いしない。

デリケート衣類の水洗いは丁寧に扱わないとトラブルになりますし、仕上げにも当然手間隙がかかりますし技術も要ります。
その為に避けられるのでしょう。


どうして、今頃水洗い(ウエットクリーニング)のお話かというと・・・。

「クリーニング屋さんって水洗い×のアイテムでも水洗いする?」っていうお話をTES会でアパレル関係の方に聞かれたり。
お客様からも「水洗いしてもらえるんですか!」とか「水洗い出来るとは知りませんでした!」とか言われる方が少なくなかったものですから。

「水洗い(ウエットクリーニング)可能なアイテムなら当然しますよ」とお伝えすると「良心的なお店ですね」って言われたりするのですけど・・・。

良心的ではなくて、当たり前の事だと思うんですが。
(お預かりした衣類を良い状態でより長く着用していただく為には汗シミを残してはいけません)


例え取扱い絵表示が「水洗い×」でも、プロのクリーニングであれば水洗い(ウエットクリーニング)出来ますよ。
(当然、無理なアイテムもありますが)

この季節に着用したアイテムは汗を含んでいると思われます。
クリーニング店をご利用される際は「水洗い(ウエットクリーニング)してもらえますか?」とお尋ねくださいね。
良い状態を長く保つ為に、汗の処理はキチンとしておきましょう


水洗い(ウエットクリーニング)の処理方法についての説明や、仕上がり具合(色の変化や型崩れなど)なども、良いクリーニング店選びの参考にしてください。


水洗いのリスクについて
スポンサーサイト





g3793.png
当店のもう一つのブログです。

コメントの投稿

非公開コメント

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック