FC2ブログ

ウールスーツの水洗い(ウエットクリーニング)-「バーバリーブラックレーベル」その2

2008-10-10

Tag :

丁寧な水洗い(ウエットクリーニング)をしたとは言え、水の影響を受ける繊維であれば確実に形態変化を起こします。

ウール繊維であれば、さほど変化は見受けられません(といっても水の影響を受けていますが)。
が、1番影響を受けるのが裏地に使われている「キュプラ繊維」です。
(たまにレーヨン繊維が使われている場合があったりして・・・。)

キュプラ繊維は繊維が短くそのままでは糸として成り立たない綿繊維(コットンリンタ)を原料として化学的に再生された繊維です。
綿繊維よりも吸湿性に優れている為、水の影響を受けてしまうと膨潤収縮を起こして縮んだ状態になります。
(レーヨンよりはその収縮度合いは低いですけど)

その裏地に使われているキュプラ生地ですが、やはり品質による違いがあるような気がします。
良いスーツには袖の通りが良いように、より滑らかな上質の生地を使用されているのでしょうか。
反面すごく水の影響を受けて、より膨潤収縮(水を含んで膨らみ織・編組織が崩れ縮んだ状態になる事)が進んでしまいます。

なので、水洗い後のウールスーツをキチンと仕上げるには裏地をしっかりと伸ばす事から始まります。
バーバリー 裏地プレス前
これは胴裏の裏地なのでクシャクシャ感がありませんが・・・袖裏の裏地はクシャクシャです。
それを手アイロンでしっかりと伸ばしていきます。
(大手のクリーニング店では機械でされているようですが、当店では全て手作業です・・・手作業によるリスクはありますけど)

バーバリー 裏地プレス後
なるべくアタリを出さないように慎重に伸ばしていきます。

キチンと裏地の処理をすれば、後はいつもの手アイロンで立体的に仕上げていきます。
バーバリー ブラックレーベル プレス後

ウールスーツの水洗いには、こんな手間隙をかけて仕上げているんです。


水洗いのリスクについて は、こちら。
スポンサーサイト


g3793.png
当店のもう一つのブログです。

コメントの投稿

非公開コメント

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック