FC2ブログ

シルク(絹)ブラウスのウエットクリーニング(特殊水洗い)-PAUL&JOE(ポール&ジョー)

2009-02-10

Tag :

PAUL&JOE(ポール&ジョー)のシルクブラウスです。
絹 シルク ブラウス 水洗い PAUL&JOE


脇の汗ジミが気になって、お客様自身がご自分で濡れタオルで汗取りをされたのですが・・・。
(お客様がご自身で汗取りをされたのには深い理由があるんですけど・・・)
「乾いてみると輪ジミになってしまって・・・」という事で、ネットで探されてご来店して頂けました。
(わざわざ遠い所を、ありがとうございます

おそらくシルク生地が水分を含んだ(膨潤してしまった)事によって表情を変えてしまい、光沢の変化(光の吸収度合)の差で輪ジミとなって表れてしまったのだろうと推測します。
いわゆるウオータースポットのような現象でしょうか。
(その画像は撮り忘れました・・・)

水洗いをすれば、その症状は改善出来るハズです。

シルク(絹)製品であっても、丁寧な処理をすれば水洗いが出来ます。
アイロンがけや風合いを取り戻す手間が必要となって来ますので、取り扱い絵表示が「水洗い×」の製品は水洗いしないで下さいね。
(してしまうと取り返しのつかない事になりかねませんので・・・プロにお任せ下さい

ドライクリーニングの後、ウエットクリーニング(丁寧な特殊水洗い)をしました。
シルク 絹 水洗い_01
ウエットクリーニング後の画像。

脇部分は汗による水分を含んだ状態での摩擦によって起こったのであろう生地の変化が。
シルク 絹 水洗い_02
生地がぶくついているのが分かります。

デリケートな素材ですので、アイロン仕上げも慎重に丁寧に行います。
シルク 絹 水洗い プレス後

脇部分の状態です。
シルク 絹 水洗い プレス後_02
若干白っぽく毛羽立っているのが見てとれます。
シルク(絹)素材の特性と言えるでしょうか・・・水分を含んだ状態での摩擦による光沢の変化は避けられません。
防ぐためには脇パットのような汗を防ぐようなアイテムを使用するしかないのではないでしょうか。

輪ジミの処理も難なく出来て、水洗いした事で全体的にもスッキリしました。
お客様にも確認してもらって喜んで頂き何よりです。

ただ・・・この時期、シルク(絹)製品を扱う時に厄介な事が・・・。
それは手が荒れている事。

その為に・・・必需品となるのがこれです。
DCF_0366_20090210225321.jpg
メンテナンスする立場の人間が毛羽立たせてしまっては元も子も無いですからね。
スポンサーサイト





g3793.png
当店のもう一つのブログです。

コメントの投稿

非公開コメント

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック