FC2ブログ

溶剤管理

2009-06-21

Tag :

ドライ機のソープ濃度が下がらなくなって来たので、カーボン(活性炭)交換。
※カーボンはドライ溶剤に溶けだした色素や脂肪酸など汚れの原因物質を吸着し、フィルターと共に溶剤を浄化してくれます。

DCF_0590.jpg

もうそろそろベースタンク(溶剤貯蔵タンク)の清掃もしなくては・・・。
(フィルターやカーボンで取りきれなかった汚れが段々と蓄積されていきますので、定期的に処理します)

いつもキレイな溶剤で洗ってあげたいですからね。



で、今日は楽天戦・・・雨男じゃなかった。
DCF_0589.jpg
DCF_0615.jpg

DCF_0618.jpg
帰りの甲子園駅の混雑の中、見上げた空。
スポンサーサイト





g3793.png
当店のもう一つのブログです。

コメントの投稿

非公開コメント

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック