FC2ブログ

スーツの水洗い(ウエットクリーニング)について-パンツ(ズボン)のみの水洗い

2009-09-18

Tag :

9月に入ってめっきり涼しくなって来ました。
(今日の日中は久々に蒸し暑く感じましたが・・・)

そんな中、早くも夏物スーツを持ち込んでくださる方もいらっしゃったり。
「汗をかいているので、また水洗いをしてください。スッキリするので。」とご依頼も。
汗を溜めこんだままのスーツを着ているとゴワゴワするし、嫌な臭いもしますしね。

汗のかく季節に着用し続けたスーツであれば、やっぱり水洗いで汗汚れをスッキリと洗い流す事をオススメします。
(当店ではWクリーニング(ドライクリーニングとウエットクリーニング(水洗い)の2度洗い)で処理させて頂いています。

でも、「ジャケットは脱いでいるからそんなに汗の影響は受けていないから・・・」という方もいらっしゃると思います。
そんな方には『パンツ(ズボン)のみの水洗い』をオススメします。

ジャケットの方は通常のドライクリーニング処理のみをさせて頂きます。
パンツ(ズボン)のほうのみドライクリーニング処理の後、ウエットクリーニング(水洗い)をさせて頂きます。
パンツ(ズボン)の汗汚れもスッキリ取れますので爽快ですよ。

パンツ(ズボン)のみの水洗いであれば料金面も格安です。
当店では、裏地がポリエステルの場合「クリーニング料金+200円」。
裏地がキュプラやレーヨンの場合「クリーニング料金+500円」とさせて頂いています。

どうして差があるかというと・・・キュプラやレーヨンを使用している場合は手間が多くかかるからなんです。

キュプラやレーヨンは再生繊維と言われ、そのままでは繊維として成り立たない天然の繊維素を加工して新たに繊維となったものです。
これらの繊維は水の影響を非常に受けやすく、収縮してしまいます。

水洗いの際は非常にデリケートで、無理な処理をしてしまうと収縮はもちろん、取れない折りジワが出来たり毛羽立ちを起こしたりと見栄えを損なう事につながります。
ですので、ご家庭では「洗濯絵表示で水洗い可能」となっている商品以外は水洗いはされない方が良いですよ。

で、そのキュプラやレーヨンの裏地を使っているパンツ(ズボン)についてですが・・・長くなったので次回に。
スポンサーサイト





g3793.png
当店のもう一つのブログです。

コメントの投稿

非公開コメント

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック