FC2ブログ

ダウンジャケットクリーニング-モンクレールダウンベスト

2009-10-29

Tag :

「モンクレール ダウンベスト」を宅配便にてお預かりしました。
モンクレールダウンベスト_01

”シミが多数あります”との事です。
拝見させていただくと・・・結構あちこちにシミがあります。
モンクレールダウンベスト_02
モンクレールダウンベスト_03
その一部です。
光沢があるので分かりづらいんですけどね。

いつも通りドライクリーニング処理を行いました。
モンクレールダウンベスト_05
モンクレールダウンベスト_06
裾部分はほとんど除去出来ていますが、胸のシミは残っています。
この他、多数はこの時点で除去出来ていますが残ったシミもあります。
この後、水洗いをして除去を試みる事にします。

モンクレールダウンベスト_04
ちなみに、ドライクリーニング処理だけでもフワフワになっています。

モンクレールダウンベスト_08
モンクレールダウンベスト_09
水洗い(手洗い)後。
裾部分のシミは除去出来ましたが、胸のシミは薄くはなりましたが完全には落ちませんでした。
何度としみ抜き処理はしたのですが、薄くはなりますが完全には落ち切りません。

”2年間洗っていないモンクレールダウンジャケット”などをお預かりしましたが、それでも衿や袖口などの皮脂汚れは除去出来ました。
また、水溶性の汚れであればおそらく除去出来ていたのではと思われます。
(裾部分などは水溶性汚れだったのではないかと)
今回のケースでは、残ったシミはおそらく油汚れが時間が経ってしまって落ちにくくなってしまったのではないかと推測します。

モンクレールのナイロン生地は非常に細いナイロン繊維を使い織密度も高く織られているのではないかと想像します。
密度が高い状態の生地に入り込んでしまったシミの原因物質は、やはり除去するのは困難になるのではないかと思われます。
(生地は平面ではなく3次元です)
一般的な衣類の場合であれば除去する事はかなりの確率で出来ますが、繊細なデリケートな生地を使用したアイテムであれば無理な処理は生地を傷める原因となりますしね。
ですので、シミが付いたら早めに処理をする事が大切だと思います。

モンクレールダウンベスト_010
モンクレールダウンジャケットのお手入れはお早めに。
(キチンとクリーニングするとふんわりフワフワになりますよ・・・ぜひお試しを)
睡魔とアルコールでウトウトしながら昨夜書き込んでいて。
「昨夜は途中までしか書いていないし、続きを書かなくては」と、保存していた記事を見てみると・・・出来あがっているではないですか!


・・・最後まで書いた覚えがありません。

(たまにあります)
スポンサーサイト





g3793.png
当店のもう一つのブログです。

さんのコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック