FC2ブログ

衣類の整形

2009-11-22

Tag :

先日、わざわざ電車を乗り継いでご来店して頂いたお客様。
スーツやパンツの水洗いをご希望です。

お話をお伺いすると、クリーニングは全国的に有名なお店にご依頼されていたそうです。
(ショップを通してのご依頼だったそうですが、そのショップが閉店されたとか)
それで、”顔の見えるクリーニング”という事で当店をネットで検索していただいてご来店して頂いたという事です。

ご依頼品のほとんどは初洗いという事でしたが、1点「有名店」に出されていたパンツがありました。
拝見すると・・・う~ん。
コットンパンツだったのですが、表生地は水洗い感(色あせ)が出ています。
(何度もクリーニングされているようですけど)
裏生地もベルトループ裏生地には歪みが生じていました。

別に驚く事はなく、想像していた通りの内容だったんですけどね。

「有名店」を実際に直接拝見させて頂いた事はありませんが、情報としては得ています。
その洗浄方法や仕上げ方法を見て考えイメージすると・・・その仕上がりは不思議ではありません。
機械に頼った洗浄と仕上げですので、やはりどこかに負担がかかってきます。
デリケートな素材ですので、水洗いをすると衣類への影響は多大なく大きいものです。

良い仕上げ機はあります。
でも、機械は衣類に合わせてくれません。

アパレルでの仕上げの際は、体系にあった何通りもの仕上げ機を使ってプレスされていくようです。
ですが、クリーニングでは”整った生地を整形”するのではなく、”着用ジワや洗浄による膨潤した生地を整形”するので、仕立て屋さんやアパレルさんなどとは違った意味合いを持っています。

やはり手仕事の作業でないと、デリケートなシルエット・素材のメンテナンスには対応出来ません。

機械や洗剤に頼るのではなく、素材の特性やブランドの価値観を見極めてケアする事の方が重要ではないかと思います。

やはり、デリケートな衣類は技術力のある手仕事のクリーニング店へ。
機械仕上げには無理が生じます。
せっかくのデリケートな素材に負担をかけてしまう結果となりますよ。
スポンサーサイト


g3793.png
当店のもう一つのブログです。

コメントの投稿

非公開コメント

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック