FC2ブログ

アンゴラ・ウールコートの水洗い(ウエットクリーニング)

2010-01-28

Tag :

「コーヒーをこぼしてしまって・・・」と、ご近所のお客様がご来店されました。

シミを付けてしまったのはアンゴラ・ウールコートです。
DCF_1043.jpgDCF_10431_20100128224458.jpg
ドライクリーニング処理後。
赤丸の範囲がシミの影響を受けて変化しています。

取り扱い絵表示通りの”ドライクリーニング”処理でも水溶性汚れはある程度落とす事は出来るんですけど・・・。
今回の場合は範囲が広いので、ドライクリーニングでの処理は避けて”ウエットクリーニング(水洗い)”をさせて頂く事にしました。
ドライクリーニング時での水溶性汚れの処理はリスクもありますし、デリケートな素材ですしね。

それに、アンゴラ繊維は特性上水洗いでもさほど影響は受けにくいです。
毛抜けの問題はありますが、織物なので毛羽は短く整えられていますし。
裏地もポリエステルと言う事で扱いやすい素材です。

丁寧な水洗い(ウエットクリーニング)であれば安全に水溶性汚れを落とす事が出来ます。

DCF_1057.jpg
ウエットクリーニング後。
シミ部分もキレイになって光沢の変化も無くなりました。

トリートメント加工も施していますので、風合いもより一層良くなり『しっとり・ふんわり・すべすべ』です。

DCF_1059.jpg

身頃のみをアイロンで整えてみました。
やはり袖部分は整っていないせいで”だらり”とした印象です。
なので、袖部分にもアイロン処理をしましょう。
DCF_1062.jpg
微妙なんですけど・・・アイロン処理をすればハリが出て整います。

後はブラッシングをして毛並みを整えれば完成。

クリーニング後、アンゴラに限らずカシミヤのジャケットやコートでハリがなく”だらり”としている事はありませんか?
きちんとアイロン処理をすればハリが出ますよ。

お悩みの方は一度お試しを。
スポンサーサイト


g3793.png
当店のもう一つのブログです。

コメントの投稿

非公開コメント

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック