FC2ブログ

プロジェクトX

2007-07-10

Tag :

横浜での講演のお話の続きです。
NHKの大ヒット番組「プロジェクトX」の制作秘話をお話して頂きました。

オープニングで番組紹介のVTRが流れたんですけど・・・すでに涙腺が・・・。

なんせいきなり「伏見工業ラグビー部」のVTRでしたから。
エンディングの清々しさを思い浮かべてしまって・・・。
「東京タワーのとび職人」や「伊豆大島噴火からの脱出」などダイジェストで紹介された後、お話が始まりました。

ソニーの海外での戦いのお話から始まり、放送開始までのご苦労されたエピソードなどを淡々とお話される独特の口調に引き込まれていきます。

そして、中盤で「中島みゆき」とのエピソード。
やっぱり中島みゆきは男気がありますね。
お話を聞いて、書き下ろした2曲を改めて聞くと涙なくしてはいられません。
紅白で黒部ダムから唄った理由なども聞かせていただりして・・・。
涙腺に襲い掛かる第2の波をこらえるのに必死です。
(奥歯を噛みしめていました。)

そして、怒涛の終盤。

NHKではタブーとされる企業名・商品名の問題をどうするか。
判断は視聴者にゆだねる・・という事をふまえて、
最後のVTR「ビクターVHS開発ストーリー」が流れます。
トドメを刺しに来られました。
ひたむきさや熱意、純朴な気持ちで打ち込む上司を慕う人々・・・。
エンディングはもうダメです・・・下唇を噛みしめていました。
(1人でいたら号泣です・・・。)
やはり、本物の言葉・物語は心を揺さぶられます。
お話を聞いた後のエンドロールも感慨深いものがありました。

番組で取り上げたリーダーは決まってこう言われるそうです。
「権力で人を動かす事は出来ない、感動させる事で人は動く」と。
リーダーの条件とは「感動・ときめきを与える事」だと。

そして、今井さんは締めくくられます。
「思いは叶う、努力すれば叶う。」

講演終了後は拍手が延々と続きました。
欧米ならきっとスタンディングオベーションだったんでしょうね。
(欧米か!)

番組の主人公はもとより、今井さん自身がプロジェクトXの主人公のリーダーのような感動を与える方だと感じました。
それより何より、リーダーに惚れ込んだ今井さんの熱意・情熱が感じられた講演でした。

僕自身は人に感動を与えられるにはまだまだ力不足ですが、熱意は忘れずに持っていたいと思います。

感動といえば、僕も参加しているしみぬき屋というシミ抜き専門店があります。
フリーマーケット内でお客様の目の前でシミ抜きをするというスタイルのシミ抜き専門店です。

お客様の目の前でシミ抜きをすると・・・反応がダイレクトに返ってきます。
「うわっ!スゴイ!」とか「本当!取れてる!」とか。
少しですが感動やトキメキを感じてもらっているのでは・・・なんて思ったりもしています。

僕達の仕事も感動を与えられる事が出来ると実感します。
またまた頑張ろー!
スポンサーサイト





g3793.png
当店のもう一つのブログです。

御隠居さんのコメント

よかったね うらやましいなぁ

真のトップ、真のリーダーのあるべき姿
そのようになれるように頑張れ!!

リーダーの素質なし@御隠居

気まぐれさんのコメント

御隠居様、いつもお世話になります。

すごく引き込まれるお話でした。
会場の皆さんもそうみたいで、本当に拍手が鳴り止まなかったです。
(脳裏にはずっと中島みゆきが流れています。)

僕はリーダーというより、まずは人格形成から始めたいと思います。

ご迷惑をお掛けしますが、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

よーこそ

ようこそお越し下さいました。
今回の記事だけではなく、他の記事も見てもらえると嬉しいです。
一生懸命書いていますので・・・。


オススメ記事

【 はじめまして 】

【 ドライクリーニングって 】

【 水洗いのリスクについて 】

他にも、まだまだお伝えしたい事があります。
ぜひ色々とご覧になって下さい!

クリーニングショップ タナカヤ

ryoukinn.gif



toiawase.gif

Twitter

メール

ご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

shopping





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

tanaka

Author:tanaka
大阪のクリーニング師です。
自分自身の勉強にもなればと記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック